太陽の日差しが強いので熱中症にならないようにしよう

沖縄シュノーケリングするなら、気を付ける必要があるのが熱中症です。防ぐためには、こまめに休憩を取ってスポーツドリンクを飲むことが大切です。
たかが熱中症とあなどっていると大変な事態になることもあります。だからこそ、熱中症対策はしっかりと行わなければなりません。

熱中症にかかりやすいタイプの人とは?

沖縄の美しい海でのシュノーケリングは、ことのほか楽しいものです。ただし、太陽の日差しが強烈なため、熱中症にかかりやすくなるデメリットもあります。

シュノーケリング中には、しっかりした熱中症対策をしておくことが大切です。特に、熱中症にかかりやすいタイプの人として、「運動不足の人」「高齢者の人」「暑さに慣れていない人」が挙げられます。

もし、自分がそれに当てはまると思う方は、熱中症対策を特にしっかりと行いましょう。

スポーツドリンクや休憩で熱中症対策をしよう

沖縄の海は常夏の環境ですので、冬でも暑いです。そのため、沖縄シュノーケリングをする場合は、一年中熱中症対策をする必要があります。

長時間太陽の日差しを浴びれば、体の塩分や水分が奪われてしまうため、こまめにそれを補給していきましょう。そのためには、スポーツドリンクを飲むようにするのがおすすめです。

また、こまめに陸に上がって休憩を取りましょう。その際には、ウエットスーツを脱ぐようにするのもリラックスできます。

海の中のキレイな魚たちやサンゴ礁に見とれすぎて、休憩するのを忘れないように注意してください。

バランスの良い食事としっかりした睡眠も大切

シュノーケリング中に体調を崩さないためには、毎日の生活習慣を整えることも大事です。沖縄へ行く前には、バランスの取れた食事を3食しっかりと食べましょう。

もちろん、早寝早起きの習慣を付けるのもおすすめです。夜は、9時〜10時ぐらいの間に就寝して、朝は6時〜7時ぐらいの間に目覚めるようにすれば、自然と体の調子も良くなってきます。

夜更かしすると、シュノーケリング中に眠くなることもあるので、注意が必要です。

関連する記事