沖縄シュノーケリング中の日焼けに注意しよう

沖縄は常夏の島であるため、夏だけでなく冬でも日焼けします。そのため、沖縄シュノーケリングを安心して楽しむためには、日焼け止め対策が不可欠です。
では、どのような日焼け対策をすることが必要なのでしょうか?ここでは、そのことについてお伝えしましょう。

沖縄シュノーケリングでは強い日差しを避ける工夫が大切

外部からやってきた観光客が、時々水着だけの姿で沖縄シュノーケリングをしていることがあるようです。しかし、沖縄では太陽から降り注ぐ紫外線量が多く、Tシャツやパーカーを上に着用しなければひどい日焼けをしてしまいます。

気が付かないうちに、肌がヒリヒリしてきて日焼けしてしまっていることも多くあります。現地の人々は、太陽の日差しが比較的弱い早朝や夕方にシュノーケリングするなどの工夫をしています。

さらに、水着の上に長袖のTシャツを着てひどく日焼けすることを防いでいます。

有効な日焼け対策について

シュノーケリング中に日焼けしやすい体の部位は、顔や手のようにウエットスーツに覆われていないところです。そこで、日焼け止めクリームを使用することでひどい日焼けを防げます。

夏場であれば、SPF30〜50程度、春や秋であればSPF20〜30程度の数値を持つ日焼け止めクリームを塗るのがおすすめです。「SPF」とは、その日焼け止めクリームを塗った時に、日光から肌を守ってくれる時間を示す数値となります。

さらに、水に濡れても効果が続きやすい「ウォータープルーフ」作用を持つ日焼け止めクリームを選びましょう。何度も皮膚に重ね塗りしておくことも重要です。

沖縄の海では冬でも日焼けしてしまうので要注意

常夏の島である沖縄の海では、夏場だけでなく冬でも日焼けしてしまうので注意が必要です。沖縄シュノーケリングを冬でも安心して楽しむためには、日焼け止めクリームやTシャツといった日焼け止め対策が欠かせません。

気が付いたら日焼けしていた、という事態に陥らないように、気を付けておいてください。

関連する記事