海に生息する危険な生物に注意しよう

沖縄シュノーケリングを楽しみたいなら、必ず知っておきたいのが海に潜む危険生物についてです。知識を少しでも持っておけば、海で命を落とすリスクを減らせます。
沖縄の海でシュノーケリングする予定があるなら、必ず下記のような知識を頭に入れておきましょう。

沖縄の海には危険な生物がたくさん生息している

沖縄の空港やホテルでは、海に潜む危険生物の写真付きポスターがよく貼ってあります。
これは、外部からやってくる旅行客たちに、海に入る前に警戒を促すためです。

実は、沖縄の海には猛毒を持った生物たちがたくさんいます。ただし、人間の方が触ったりして手を出さない限り、積極的に襲ってくることは少ないです。

もっとも危険なのは、珍しい生物を見かけた時に不用意に触ってしまうことです。たとえば、ヒョウモンダコのように凶暴な性質を持つ生物もいます。

シュノーケリング中に美しい、または珍しい生物を見つけても、むやみに触らないようにしましょう。刺されると命にかかわる生物もいるからです。

沖縄の海にいる代表的な危険生物とは?

ここでは、沖縄の海に潜む代表的な危険生物についてご紹介しましょう。

・ハブクラゲ

透明な姿をしている猛毒クラゲです。人間が指された場合、まず激痛が起こり、指されたところがみみずばれになったりします。最悪の事態では、呼吸困難に陥り、死に至ります。

・ヒョウモンダコ

体長15?ぐらいの小さなタコです。しかし、テトロドトキシンというフグと同じ猛毒があります。凶暴な性格なので、絶対に触ってはいけません。

・ウミヘビ

沖縄の海には、ベルチャーウミヘビやエラブウミヘビのように、最強の毒を持つウミヘビたちがいます。刺されると死に至る場合もあるので要注意です。

・アンボイナガイ

大型のイモガイであり、幾何学模様のような独特の模様を持ちます。沖縄の海ではよく見かけますが、刺されると死に至る可能性が高いので絶対に触らないようにしましょう。

危険生物に刺されたらすぐに病院へ

その他にも、ゴンズイやオコゼ、ガンガゼ、オニヒトデなど、沖縄の海には危険な生物たちが多く生息しています。もし、毒を持つ生物に刺されてしまったら、すぐに応急処置を行いましょう。

その後、すぐに病院に行って医師に診てもらうのがおすすめです。その際には、救急車を呼ぶこともためらわない方が良いでしょう。

関連する記事