海の深いところには行かないように気をつけよう

沖縄の海をシュノーケリングをするのは楽しいですが、毎年死亡事故が起こっているのも確かです。そのため、個人でシュノーケリングをする時は絶対に海の深いところまで行かないことが大切です。
では、美しい沖縄の海で恐ろしい事故が起こらないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

海の深いところまでは行かないのが無難

シュノーケリングに慣れた方でも、ガイドを付けずに海の深いところまで行くのは危険です。美しい海の中を観賞するのに夢中になって、沖の方まで流れていってしまわないように注意しましょう。

海の中は、少し前までは足が地面についていても、少し沖の方になると足が届かない場所もあります。急に足が届かなくなれば、精神的にパニックになって溺れる原因にもなります。

くれぐれも足が届く浅瀬でシュノーケリングを楽しむようにしましょう。

必ずライフジャケットを着用しておこう

万が一、沖の方に流されても、ライフジャケットを着用していれば助かることが多いです。ライフジャケットとは、浮力を持つように空気を入れたジャケットのことで、特に子供がシュノーケリングをする場合は身に着けておくことが大切です。

ライフジャケットさえ着せていれば、リーフカレントに巻き込まれても死亡することだけは避けられます。海の事故は、いつ起こるか予測できないため、もしもの事態が起こっても命だけは守れるようにしておきましょう。

足がつっても上手に波間に浮けるように練習しておく

体全体の力を抜いて上手に水に浮く練習をしておきましょう。そうすれば、足がつったりしても溺れずにすみます。

精神的にパニックに陥らないためには、事前に事故を防ぐ準備をしておくことが大切です。パニックになると人間は簡単なことも分からなくなり、溺れてしまったりします。

海の深いところまで行ってしまうと、溺れることへの恐怖からパニックになることもあります。そうならないために、水泳が上手でない方は上手に水に浮く練習をしておいてください。

関連する記事