美しい沖縄の海にゴミを捨てないようにしよう

シュノーケリングを楽しむ方だけでなく、他のマリンスポーツを楽しむ方にも注意して欲しいのがゴミのポイ捨てです。沖縄の美しい海や生息する生物たちを守るために、訪れる方の一人ひとりがむやみにゴミを捨てないように努力しなければなりません。
ここでは、沖縄の海岸で見られる海洋ゴミのことなどについてまとめてみました。

美しい沖縄の海は近くで見るとゴミだらけ

実は、沖縄の海岸には、どこかから流れ着いた海洋ゴミが散乱しています。それは、川や道路に無造作に捨てられたゴミたちが、海を通して海岸に流れ着くためです。

また、海岸でバーベキューをした後に、使ったゴミをそのまま捨てて帰る若者たちもいます。漁師たちが魚を捕る時に使った網をそのまま海岸に放置することもあります。

このようなゴミたちは、年々増えている傾向にあるようです。

私たち一人ひとりが与えられた美しい環境を守るために、むやみにゴミを捨てないように気を付けることが大切といえるのです。

海に生息する生物たちを守る意識を持とう

ゴミによる環境の汚染は、沖縄の海に生息する生き物たちにも悪影響を与えています。たとえば、波間に浮かぶビニール袋をカメがクラゲと間違えて食べたりします。

プラスチックの破片を鳥や魚がエサと間違えて食べてしまうこともあるのです。また、捨てられて波間を漂う漁師網が、魚たちの体に巻き付いて取れなくなることもあります。

シュノーケリングを楽しむ方だけでなく、ダイビングのような他のマリンスポーツを好む方も、美しい海の環境を守る努力をしていく必要があります。

あなたのそのポイ捨てが環境汚染につながる

ジュースを飲んだ後、空き缶を海岸に捨てていませんか?沖縄の海の環境を守るためには、一人ひとりが意識してゴミのポイ捨てをしないようにしなければなりません。

愛する沖縄の海の生物たちがゴミの被害を受けないように、ずっときれいな海でシュノーケリングが楽しめるように意識していきましょう。

関連する記事